No.8 「しなやかなラペル」

最終更新: 2019年6月10日




良いスーツの条件として、しなやかなラペル(下衿)が作られているかどうかはポイントである。


ソフト感と立体感があるスーツは良いスーツであり、

ラペルのソフト感は非常に重要である。


ふっくら立体感がある事と、ラペルの先端を指で軽くつまんでヒラヒラ振ってみて抵抗なくヒラヒラ動けばソフトな芯地を使用した良いスーツである。


Gratefulのラペルはソフト毛芯を採用しており、立体感があるラペルを提案している。


因みに、シングルブレストのスーツのラペル幅が9〜10cm程度であればクラシカルなスーツスタイルが楽しめる。




記事作成者:堀 雄也


オーダースーツ店「Grateful」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜


裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Grateful Proudly created with R e R e.