No.6 「仏・伊スーツ」

更新日:2019年6月10日




フランス・イタリアのスーツは、ラテン系スーツと呼ばれるものである。


丸みのある肩幅を広くとり、ウエストはゲルマン系スーツほどきつくない程度に絞り込みジャケットの裾が腰に密着する。


ウエストをギリギリまで絞り込み、肩を角ばらせて男らしさを強調したゲルマン系の英国スーツに対して、ラテン系仏・伊スーツは女性的ラインを加えて華やかさを表現している。


フランスはレディスの既製服作りが盛んであり、その既製服作りの下請けをしていたのがイタリアである。


スーツで男らしさや威厳を出したいなら、英国スタイル。


スーツで華やかさや艶っぽさを出したいなら仏・伊スタイル。




記事作成者:堀 雄也


オーダースーツ店「Grateful」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜


裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示