No.48 「続・美しい着こなし」

最終更新: 2019年12月9日





前回の投稿で、

欧米人と日本人の体格の違いについて少し触れたが、もう少し掘り下げていきたい。


胸板の厚みによりアームホールの位置が変わるのと同様に、肩周りのフォルムに関してもうひとつ重要な要素がある。


それは、「なで肩」か「いかり肩」かどうかである。


大まかな基準として、

首筋から10cmのところで3cm下がる、10:3のバランスが標準体型である。


これより下がると「なで肩」

これより上がると「いかり肩」

という事である。


僧帽筋か発達している欧米人は一般的になで肩が多く、日本人はいかり肩の傾向がある。


肩の傾斜に合わせてスーツを作ると非常にフィット感ある。


また自分の体型にフィットするスーツを作るには第7頸椎にぴたっと張り付くように作る事が大切である。



記事作成者:堀雄也

オーダースーツ店「Grateful(グレイトフル)」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜

裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Grateful Proudly created with R e R e.