No.45 「ラウンジジャケット」

最終更新: 2019年12月9日




昔の大規模な社交場には、必ずラウンジが隣接されていた。


そこは、

ゆっくりくつろげるソファが置いてあり、

甘いカクテルや葉巻等が楽しめる空間である。


ラウンジの受付で、

自分が着ている長い着丈のフロックコートを預けてラウンジジャケットを受け取る。


ラウンジジャケットを着て、

ラウンジでくつろぐ。


ラウンジジャケットの着丈はお尻が隠れるくらいの長さであり、

現在のスーツの着丈と同じである。


時代が流れて社交場からサロンと言う形に変わり、

騎士階級や特権階級の人間が仲間で開催するサロンでは、

ラウンジのようにくつろぎながら交流する。


ラウンジジャケットから現在のジャケットの原型となるディナージャケットが開発されたのがこの時期である。


ディナージャケットは仏語では、スモーキングと言う。


ディナージャケットの歴史170年ほど前に始まった。



記事作成者:堀雄也


オーダースーツ店「Grateful(グレイトフル)」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜

裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Grateful Proudly created with R e R e.