No.29 「ネクタイの柄」

最終更新: 2019年6月11日




ストライプを配した柄のレジメンタル・タイは16世紀の英国連隊旗の柄である。


英国空軍のタイは、ネイビー・ホワイト・ボルドーのストライプ。


英国海兵隊のタイはネイビー・レッド・イエローのストライプ。


ストライプの色の組み合わせで、所属部隊が一目でわかるようになっている。


小紋柄に使われる王冠は、貴族の紋章である事が多い。


ロンドンを訪れた日本人ビジネスマンビジネスマンが、

ブラックとイエローを配したレジメンタル・タイを締めて行ったところ、

オックスフォード大学出身なのかと尋ねられて困惑し困惑したという話もある。


レジメンタル・タイは特定のグループの物と紛らわしくないか慎重に注意する事が大切である。


レジメンタル・タイは特定のグループを表すネクタイである。


故に、フォーマルな場面では相応しくない。


フォーマルな場面で通用するネクタイは、無地か小紋柄である。


ストライプ柄が左上から右下に下がるのは、伝統的な英国式。


ストライプ柄が左下から右上に上がるのは、

米国式でリバースと呼ばれる。




記事作成者:堀 雄也


オーダースーツ店「Grateful」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜


裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Grateful Proudly created with R e R e.