No.2 「日本人のスーツスタイル」

更新日:2019年6月10日




戦前はオーダースーツが主流であったが

第二次世界大戦後には、


スーツは既製服が多くなり「流行」が発生した。


それは、より多くの人に着て貰うための付加価値を取り入れることが流行に結びついた。


特に既製服が盛んになったのがアメリカであり、日本はそれを模倣した。


日本人の洋服文化は明治維新から約150年で、海外に比べて歴史が非常に浅い。


オーダースーツを販売する仕事を通してより洋服を理解して、一人一人の個性に合わせて洋服を着る楽しみを日本の文化として広げていきたい。




記事作成者:堀 雄也


オーダースーツ店「Grateful」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜


裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示