No.19 「靴の種類」

最終更新: 2019年6月11日




クラシックなスーツスタイルにコーディネートできる紐付きの靴は次の通りである。


1.ストレートチップ


甲の部分に横線のステッチが入っている物。


フォーマル度が高く、

ネイビーのスーツに白いシャツ、

ネイビーのピンドット柄のネクタイを締めると世界中のパーティで通用する。


2.プレーンキャップトゥ


甲の部分に二重の横線のステッチが入っており、

その中に小さな円形の模様が入っている靴。


円形の模様は元々、水はけの役目を果たしていた。


機能性を上げる側面があり、ややフォーマル度が下がる。


3.プレーントゥ


甲と爪先に何もついていないシンプルな短靴。


外羽根に作られている物が多く、外羽根のプレーントゥの靴は別名ポストマンシューズとも呼ばれる。


4.ウィングチップ


甲の部分に円形の模様が沢山ついた靴。


元々、円形の模様は水はけ用である。


機能性があり、スポーティな印象があり、


ゴルフシューズに採用されたのがこの理由である。


1〜4はフォーマル度の高さ順に記載している。


1が最もフォーマルである。




記事作成者:堀 雄也


オーダースーツ店「Grateful」の代表。


大阪市内をはじめ、

関西エリアを中心に様々な場所で活動。


メンズオーダースーツ1着¥55,000〜


裏地・釦などのオプション料金は全て無料。


店舗への御来店・訪問販売どちらも対応。

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Grateful Proudly created with R e R e.